MENU

#20 キリシタンの歴史と教会さんぽ(第2章)

長崎ストーリーズ
クチコミを見る
募集型企画旅行
<旅行企画・実施>
一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会
長崎県知事登録旅行業第2-143号
令和5年に生誕100周年を迎えた遠藤周作の小説「女の一生 一部・キクの場合」の主人公キクの人生を通して、東洋の奇蹟と呼ばれる信徒発見とそれにより受難を被った浦上四番崩れの舞台をめぐり、キリシタン復活の光と影の歴史をご案内します。キクの一生を通じ、長崎の様々な習慣や思想、信仰を混在させた多様な文化とキリシタンの苦難と情熱、そして希望を感じられるコースです。※小説に関わりの深い浦上天主堂と大浦天主堂をめぐります。鎖国前のキリシタンの殉教をテーマにした「#19 キリシタンの歴史と教会さんぽ(第1章)」と合わせて参加されると、長崎キリシタンの主要な歴史をより知っていただけます。

コース詳細

設定日
毎日(年末年始を除く)※ご予約は2024年1月5日(金)より
時間(所要時間)
①10:00~12:30(2時間30分) ②14:00~16:30 (2時間30分)
※開始10分前にはご集合ください。
料金
¥3,600/大人(小学生以上)1名 ※未就学児は無料
※※※ 2024年4月1日以降は¥3,900/大人(小学生以上)1名 となります。※※※
料金に含まれるもの
ガイド料・旅行特別補償保険料、拝観料、路面電車代
最少申込人数
1名
最少催行人数
2名
定員
なし(ガイド1名につき10名まで)
貸切
可(お問い合わせ下さい
予約方法
下記内容をメールにてご依頼ください。(メールはこちらからどうぞ
①代表者の氏名(ふりがな)・年齢・緊急連絡先・お住いの都道府県
②同行者の氏名・年齢
③ご希望のお日にち・スタート時間
④その他のご要望
予約締切
10時開始は前日17時まで、14時開始は当日10時まで
集合場所
平和祈念像前(平和公園)
行 程
平和祈念像前(平和公園)→天主堂が見える丘→浦上天主堂(入館)→浦上キリシタン資料館(入館)→爆心地公園→路面電車(平和公園~新地中華街乗り換え~大浦天主堂)→大浦天主堂(入館) ※大浦天主堂にて解散
キャンセル料金
・3日前~2日前 30%
・前日 40%
・当日 50%
・無連絡不参加及び旅行開始後 100%
さんぽレベル
★★★☆☆
※さんぽレベルは、各コースの歩きやすさを表記したもので、長崎国際観光コンベンション協会が作成した独自の指標となります。
★の数が多いと坂道や階段、歩く距離などが多くなります。
注意事項
雨天催行ですが、荒天時は中止となる場合がございます。その場合、前日17時までにご連絡いたします。
なお中止の際の現地までの交通費等のお支払いには応じかねます。あらかじめご了承ください。
警報が発令の場合は中止となり、ご返金させていただきます。
・歩きやすい靴と服装でご参加下さい。
・車などに十分注意し、各自で責任をもって行動してください。

【新型コロナウィルス感染症対策】
7/1(土)よりガイドのマスク着用について、お客様から同意をいただいた場合にはマスクを外させていただきます。
お客様のマスク着用については個人の判断に委ねることになります。
ただし、混乗となる場合はマスクを着用している方と着用されていない方が一緒になる可能性があることを予めご了承ください。

主なコースポイント

集合場所の平和祈念像

浦上天主堂が見える丘からの眺め

浦上天主堂

浦上天主堂の内部の様子

浦上天主堂のステンドグラス

大浦天主堂
国宝にして世界遺産の構成群です。

信徒発見の舞台となった大浦天主堂の祈念レリーフ

日本之聖母像(大浦天主堂)

遠藤周作の小説「女の一生 一部・キクの場合」

2023年は長崎を第二の故郷とこよなく愛したキリシタン文学者である遠藤周作生誕100周年。

潜伏キリシタンの復活劇「信徒発見」の象徴的存在となった現存するマリア像。小説「女の一生」でもキクの最期を看取り、天国に誘いました。 ©2023 長崎の教会群情報センター

参加者の声

公開しても差し支えないお名前で入力してください。メールアドレスが公開されることはありません。
なお、こちらはお申込みについてご記入いただく欄ではありません。
* が付いている欄は必須項目です。